臨海スポーツセンター支援の会


− 存 続 か ら 支 援 へ −
大阪府立臨海スポーツセンターの
新たな発展をめざす。




ご協力ありがとうございました!

募金残高 2,332,376円

残金につきましては、
今後の施設維持保存・拡張等の目的で
有効的に活用致します。
なお、収支は本サイトで都度報告します。
何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
























臨海スポーツセンター
総合案内






大阪府立臨海スポーツセンター
 〒592-0006 高石市高師浜丁6−1
 公式サイト

臨海スポーツセンター支援の会
会長 高林 永統


お問い合わせ先
 rinkaisupport@rinkai.rocket3.net
 @を小文字にしたメールアドレスに
 お送りください


リニューアルに伴い、
「人物伝」・「活動内容」・「ミニミニコラム」
のこれ以前の記事はこちらでご覧ください。





姉妹団体
 臨海スポーツセンター存続の会
 代表 安形 幸子
 SPECIAL THANKS
写真撮影ご協力:
ベアーズクラフト 岡 俊也氏




臨海スピードスケートクラブ



http://sports.geocities.jp/rinkaijrihc/
臨海ジュニアアイスホッケークラブ





■推奨環境
当サイトは、以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨ブラウザ以外でのご利用や、推奨ブラウザでもお客さまの設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合があります。

Microsoft Internet Explorer 6以上
Firefox 2以上
Opera 9以上
Google Chrome
Safari


町田樹選手 引退特集






臨海スポーツセンターと歩んだ町田樹選手の軌跡
2015年3月

既にご存知の通り、当臨海スポーツセンター練習生である町田樹選手が昨年末に現役引退を表明しました。
これまでの町田選手の功績と応援頂きました皆様に感謝の意味を込めまして特集号を作成しました。


 

■町田選手にとって初の臨スポイベントに参加。ヘアスタイルが当時の心境を物語っています。
(2013年5月16日)

   

 

■初の五輪出場を勝ち取り、ソチ五輪に向け練習をメディアに公開しました。
(2014年1月16日)

   

 

■臨スポから初のフィギュア現役練習生オリンピック出場にボルテージも最高潮に達した中で、五輪壮行会を開催しました。
(2014年1月18日)

   

 

■いよいよ五輪男子フリーへの出場です。生徒達も全員で精一杯応援しました。
(2014年2月14日)

   
結果は見事5位入賞を果たし、続く世界選手権では銀メダル獲得に輝きました。

 

■オリンピック・世界選手権の活躍により、超多忙を極めました。
(介護施設への慰問/大阪府庁への報告会)

   

 

■臨スポ目標達成御礼フェスティバルを開催し、ホスト役として全員をよく取りまとめて頂きました。
(2014年5月25日)

   

 

■町田選手をはじめ臨スポで長年練習を積重ねてきた選手達の送別会を行いました。
いよいよ仲間との最後の練習です
(2015年2月24日)

   

一緒に練習をしていた青木有葵選手・堀内絵美香選手も引退です。

   
青木有葵選手 堀内絵美香選手 町田 樹選手

各選手から皆に感謝を込めた挨拶がありました。

   

飛び入りで高橋大輔さんが駆けつけて頂きました。
会場に集まった皆には内緒のサプライズでした。
高橋さんからは共に五輪で戦った戦友として、快くお越し下さいました。
そして高橋さんにも引退された労いの気持ちとして花束を贈呈しました。

   

高橋さんから引退選手へ餞のご挨拶があり、その後皆で仲良く記念撮影をしました。

   

最後に4人の選手へケーキをプレゼントしました。

 

皆さん、長い間の競技生活を本当にお疲れ様でした。
これまでのご恩を私達はいつまでも忘れません。そして素晴らしい第二の人生を送られ、益々ご活躍されますことを願っております。
またこれからも、臨海スポーツセンターの発展にもどうかご協力頂きますようお願いします。有難うございました。

臨海スポーツセンター支援の会 一同