臨海スポーツセンター支援の会


− 存 続 か ら 支 援 へ −
大阪府立臨海スポーツセンターの
新たな発展をめざす。




ご協力ありがとうございました!

募金残高 2,332,376円

残金につきましては、
今後の施設維持保存・拡張等の目的で
有効的に活用致します。
なお、収支は本サイトで都度報告します。
何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。






















臨海スポーツセンター
総合案内






大阪府立臨海スポーツセンター
 〒592-0006 高石市高師浜丁6−1
 公式サイト


臨海スポーツセンター支援の会
会長 高林 永統


お問い合わせ先
 rinkaisupport@rinkai.rocket3.net
 @を小文字にしたメールアドレスに
 お送りください


リニューアルに伴い、
「人物伝」・「活動内容」・「ミニミニコラム」
のこれ以前の記事はこちらでご覧ください。





姉妹団体
 臨海スポーツセンター存続の会
 代表 安形 幸子
 SPECIAL THANKS
写真撮影ご協力:
ベアーズクラフト 岡 俊也氏




臨海スピードスケートクラブ



http://sports.geocities.jp/rinkaijrihc/
臨海ジュニアアイスホッケークラブ





■推奨環境
当サイトは、以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨ブラウザ以外でのご利用や、推奨ブラウザでもお客さまの設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合があります。

Microsoft Internet Explorer 6以上
Firefox 2以上
Opera 9以上
Google Chrome
Safari


アクセスカウンター





 

当ホームページのアクセスが20万を超えました。皆様に厚く御礼申し上げます。

今後とも充実した内容をお届け出来ますよう努力して参ります。引き続きご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

臨海スポーツセンター支援の会一同

 

 

過去の情報






2012年 10月18日:


  募金目標達成御礼

  皆様のおかげをもちまして、本日募金の目標額を達成することができました。
  大阪府民の皆様はもとより、全国各地からご厚意をお寄せ頂きました数多くの皆様、
  そして、活動へのご理解を頂戴しました各種団体様方へ心より厚く御礼申し上げます。

  今回のケースは公共の施設を一般の方々による募金活動にて存続へと導こうという
  全国的にもまれな活動でした。

  その分、ここに至るまで、高いハードルをいくつも越えてきたことも事実ですが、
  大勢の意志が一つになることによって目標は達成できるものと実感いたしました。
  皆様の厚いご支援で大きな目標に届きましたことは、
  私達以上に皆様にはぜひお喜び頂きたいと存じます。
  今後におきましては、今回のご意思に応えるべく、より良い施設となりますよう全力で取り組んで参りますので、
  引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
  
                                      臨海スポーツセンター支援の会 一同
  
  これをもちまして募金のお願いは終了とさせていただきます。
  目標をオーバーしました金額につきましては、   ご寄付いただきました皆様のご意思を最大限に尊重しまして今後決定して参る所存です。
  なにとぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。







2012年 10月16日: 


  10月6日 さいたまスーパーアリーナで開催されました、
  フィギュアスケートのジャパンオープンでの募金活動において、
  3,101,095円 の募金が集まりました。
  募金にご協力いただきました皆様には心より厚く御礼申し上げます。
  誠にありがとうございました。







2012年 9月8日: 


  大変お待たせいたしました。
  7月12日(木) 「 臨スポ愛募金 」イベントのレポートをUP致しました。

  活 動 内 容







2012年 8月5日: 


 「臨スポ 愛 チャリティーフェスティバル2012」グッズ完売 御礼




  7月27日(金)よりオープンの「臨スポ 愛 チャリティーフェスティバル2012」グッズ通信販売ページですが、
  全商品完売につき、8月5日(日)で終了させていただきました。
  販売収益は臨海スポーツセンター改修工事基金に全額寄付させていただきます。
  すぐに完売した商品も多く、ご希望の商品がご購入できなかった皆様申し訳ございません。
  短期間で完売できましたのも、皆様の温かいご支援、ご協力のお陰と衷心より感謝いたしております。
  今後もいろいろな活動を通じて「臨スポ愛募金」活動を進めて参りますので、ぜひともご協力をお願いいたします。







2012年 7月20日: 


 フェスティバル収益金

フェスティバル収益金 (除チャリティー募金額)
合 計
2,155,436 円


 詳細は こちら







2012年 7月12日: 


御礼 「臨スポ愛募金」 フェスティバル

  平成24年7月12日(木) 「 臨スポ愛募金 」イベントにご来場いただき、
  誠にありがとうございました。

  当日は約450人もの皆様をお迎えでき、無事に幕を下すことが出来ました。
  心より厚く御礼申し上げます。
  不手際も多々あったかとは存じますが、
  楽しいひと時をお過ごしいただけたなら幸いでございます。

  ゲスト出演していただきました、
  フィギュアスケート 高橋大輔選手、村主章枝選手、鈴木明子選手、村上佳菜子選手をはじめ、
  会場にお越しいただきました皆様、
  そして、当日どうしても都合がつかず募金でご協力下さいました皆様、
  皆様の温かいご支援、ご協力のお陰と深く感謝いたしております。

  今後も皆様のご厚情に報いるべく一層努力してまいりたいと存じます。
  誠にありがとうございました。

フェスティバルでの募金金額
806 名 
合 計
2,305,286 円







2012年 6月9日: 


  なんば高島屋正面入口前で募金活動を行いました。
  終始温かく見守っていただきました皆様のおかげをもちまして、
  無事に終える事が出来ました。

  募金にご協力いただきました皆様には心から厚く御礼申し上げます。
  誠にありがとうございました!!!

  活 動 内 容







2012年 5月18日: 

  速報!!
  17日、橋大輔選手が大阪府庁で松井一郎知事を表敬訪問し存続の要請を訴えて下さいました。

  活 動 内 容







2012年 5月17日: 

  “ 臨スポ愛募金  − ワンコイン活動 − ” をスタート致しました。







過去の記事
 |  | 


 臨海スポーツセンター支援の会とは


 2009年6月28日、大阪府立臨海スポーツセンター(りんスポ)の末永い発展を目指し、
 臨海スポーツセンターアイススケート場の利用者、その保護者を中心に結成されました。
 2008年4月に大阪府より発表された施設の廃止・売却案に対し存続活動を行い、
 存続という結果をもたらした「臨海スポーツセンター存続の会」の姉妹団体であり、
 存続の会のスピリットを引継ぎ、さらに新たな目標に向かいます。
 臨海スポーツセンターを愛する者たちが、大阪府民にとってなくてはならない施設、
 「大阪府立臨海スポーツセンター」をもっともっと盛り上 げようと組織された団体です。



 臨海スポーツセンターが永遠に輝ける場所であることをイメージした支援の会のロゴです。
 当会の象徴として活動内でこのロゴを使用して参ります。